« エコカー補助金締め切りせまる! | トップページ | スリークリークスはなんであんなに平和な雰囲気なのか »

2010年9月 4日 (土)

世界遺産に見る「ものづくり精神」。

本日、ヤマモトは完全オフ。
癒しを求めて現実逃避を試みてました・・・(笑)
だから、ロードホッパーのネタも完全オフ!

そりゃマズイだろ!?


そんなワケで、やや強引ではありますが
今回はヤマモト探訪ネタを!



休日を利用して、以前から一度は行ってみたいと思っていた
世界遺産にも登録されている「白川郷」へ。

Photo Photo_2

おなじみの合掌造り。風情があります。
でも、その裏側には現地で脈々と受け継がれてきた
「生活の知恵」が活かされている。


つまり、何となく合掌造りなのではなく
ワケあってこの形をしているんですね。


デザイン重視ではなく、あくまで実用性重視。


そこには、ロードホッパーとは全く違ったベクトルの
「ものづくり精神」が生きているんだなって感じました。


内部を見学させてもらえる家屋があったので
さっそく内部へと潜入(有料)。
Photo_3

Photo_4 Photo_5

合掌造りは基本的にクギなどは一切使わずホゾ組のみ。


今どきの木造在来構造住宅は建築基準法に基づいて
補強金物でガチガチに固められていて揺れに耐えようとする
「耐震構造」をしていますがいますが、この家屋は違うみたい。


ホゾ組の微妙な隙間が絶妙に作用して、揺れをいなしてしまう
「免震構造」をしているんですね。職人技が活きています。


使っている材料もイイ!!現代風の1辺3寸5分(10cmちょっと)の規格化された
細い柱や梁などではなく、1辺1尺(30センチ)を超えるようなブっとい部材がゴロゴロ。
重たい屋根の重量もしっかり支えてくれています。


この画像見てください、家はすべて同じ方角を向いて建てられているでしょ?
20100904_026
この地域は、近くを流れる庄川の流れに沿って強い風が吹き荒れる事があるらしいですが
川の流れと平行して南北方向に向けて建てて、風をワザと家の中を吹き抜けさせることで
家を倒壊から防いでいるそうです。


屋根の表面積がデカいと、当然風によって受ける影響も大きくなる。
でもそれを、地理的な特徴を理解し尽くした上で克服しちゃってるんですね。


いや~、昔の人の「生活の知恵」ってスゴイ!
今みたいに住宅メーカーがあって、そこに聞けば何でも答えを揃えてくれる
なんてコトはないですから、全て自分で答えを見つけ出して行くしかない。


昔の人は日常生活の中で自然と向き合い
常に脳みそと体を働かせていたんでしょうね。



00w_yamamoto






今日、白川郷へ行く途中、
高山へ寄り道したのですが・・・
そこにいたのは、ナント、最近までテレビ東京で放映していた
「ポチたま」に出ていたダイスケ君ご一行ではありませんか!
Photo
「ポチたま」終了後は新番組にて
ダイスケ君の旅模様を放送するそうです。

せっかくだったので、いっぱいナデナデ
させてもらっちゃいました(笑)



応援の1票、よろしくお願い致しますm(_ _)m

人気ブログランキングへ


………………………………………………………………………………………………………

■ロードホッパー中古車の特別なご案内


以前もちょっとご案内させていただいた
レベルモーターサイクルカンパニーのType5 EVO中古車(試乗車)
引き続きオーナーさんを募集しているそうですよ(o^-^o)

■年式:2005年
■走行:極めて少ない
■カラー:ブラック
■程度:室内保管のため極めて良好


だそうです。
価格、販売条件など詳細につきましては
下記まで直接お問合せくださいm(_ _)m


レベルモーターサイクルカンパニー
〒329-0502
栃木県下野市下古山3251-2
TEL:0285-53-8518 
担当:サクライ


皆さんのご連絡を心よりお待ちしております。

|

« エコカー補助金締め切りせまる! | トップページ | スリークリークスはなんであんなに平和な雰囲気なのか »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事