« 不良率0%の工業製品なんてありませんので | トップページ | FI化したSRはどんな評価なのか »

2010年9月 1日 (水)

今頃は、ヨーロッパの大地を元気に走りまわっているハズ。

Photo_3 ←2008年のイタリアEICMAショーでの一コマ 。
 
 「おまえ~、イタリアへ何しに行っとったんや!?」
 って、部内で物議を醸したこの画像も今や、過去のものに(笑)

 はぁ・・・、あのギリシャ人の女の子、元気にしてるかな~
 バイクについて?アツく語り合ったあの日の事は忘れません。






・・・いや、失礼しました。


ロードホッパーが ヨーロッパの大地に初上陸したあの日から、はや2年余り・・・。
現地のレギュレーションも無事クリアして順調に出荷しております。


「ところで、ヨーロッパ仕様と日本国内仕様ってどう違うの?」
という質問が最近ちょこちょこあるので、実際に画像を比較しながらご紹介を。
以下、日本国内仕様(左)、ヨーロッパ仕様(右)で。



カラーラインナップに違いはあるものの
パッと見た感じはそんなに大きな違いはありません。
Photo_4 Eu


ハンドルまわり。
ミラーの形状が違っていますね。
Photo_5 Eu_2


タンクロゴは、
日本→「RH」 ヨーロッパ→「ZERO」
Photo_6 Eu_3
 

日本仕様はご存知の通りインジェクション化されていますが
ヨーロッパ仕様はキャブレターを採用しています。
Photo_7 Eu_4


最後はリアビュー。見た目の違いが一番分かりやすいところかな。
ウインカーの位置は日本仕様が下なのに対してヨーロッパ仕様は上。
テールランプは日本仕様がガラス製なのに対してヨーロッパ仕様は樹脂製。
あと、日本仕様の場合はテールランプから横にライセンス灯が出ています。
Photo_8Eu_5 


っと大まかにはこんな感じでしょうか。

ホント、大ざっぱでスミマセン(笑)



使っているパーツや仕様がちょこちょこ違っているのは
現地での規格に適合したパーツを使っているからなんです。


いかがでしたか?
ロードホッパーは見た目や仕様の違いこそあれ
今や世界中の人に愛されるオートバイになりつつあります。

ちょっと風呂敷広げすぎたかな・・・。いや、んなコトないハズ。



00w_yamamoto





この前、思いがけず甥っ子達から手紙が届きました。
Photo_9
文字を覚えて間もない子たちが必死になって
書いている姿が目に浮かびますね(笑)
突然の手紙に思わず心がほっこりしちゃいました。

WEB環境が発達した世の中ですが
やっぱりこういうものの方が気持ちが伝わりますね。


応援の1票、よろしくお願い致しますm(_ _)m

人気ブログランキングへ


………………………………………………………………………………………………………

■ロードホッパー中古車の特別なご案内


以前もちょっとご案内させていただいた
レベルモーターサイクルカンパニーのType5 EVO中古車(試乗車)
引き続きオーナーさんを募集しているそうですよ(o^-^o)

■年式:2005年
■走行:極めて少ない
■カラー:ブラック
■程度:室内保管のため極めて良好


だそうです。
価格、販売条件など詳細につきましては
下記まで直接お問合せくださいm(_ _)m


レベルモーターサイクルカンパニー
〒329-0502
栃木県下野市下古山3251-2
TEL:0285-53-8518 
担当:サクライ


皆さんのご連絡を心よりお待ちしております。

|

« 不良率0%の工業製品なんてありませんので | トップページ | FI化したSRはどんな評価なのか »

PLOTについて」カテゴリの記事

バイク」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事