« 今年の8耐、ウチのチームはけっこう注目なんです | トップページ | こ・・・ 腰が・・・ 「ボク自身がマシントラブル」 の巻 »

2010年7月24日 (土)

レース活動を間近で見て、自分の仕事を振り返るのであ~る


8耐の予選結果。

Fniw_888

ウチ、6番手だね。
去年の決勝5位を上回るよう、そして、表彰台に上がれるよう、応援していよう。





Twrc_ygn_585
そっか。  なるほど。

モータースポーツは「ヒト」と「道具」の存在感で見ると、道具が占めるウエイトが
大きいですよね。
だから、大手自動車やモーターサイクルのメーカーが技術開発やプロモーション
活動の一環としてレースをするのは当然なんだろうな。特にヨーロッパなんかで
販売を伸ばしたいなら、必須と言っていいほどじゃない?
戦績=製品の良さ なんて図式が、成り立ちやすいだろうし、ね。



でも、大切なこと。
結局、ヒトが、バイクやクルマを走らせてるんだ。

ライダーやドライバーのことだけを言うんじゃなくて、例えば8耐なんかだと、
マシンをセットアップするメカニックや、決勝での給油、タイヤ交換、サインボードを
出すスタッフ、他にもたくさんの人が、本気で関わる。

そして、各自が自分の責任で、受け持った役割を完遂しないといけない。

ってのも、PITに入ったマシンに自分の受け持つ仕事を施し、仮に他の人が
遅れてても「ボク先に終わったから手伝うよ」なんて事は、タブーなんですね。
もしもの事があった時、責任の所在が分からなくなるし、そもそも本来の自分の
役割に対する責任感も薄れてしまいかねない。


そう思うと、普段の仕事は考えが甘い時があるな。

良かれと思って中途半端なサポートとかして、それが長く広い目で見て
プラスになってんのかな?と思う時がある。

ってのは一つの例として、なんだかこの8耐の時期は、レースと直接関係
しない仕事にも、良い意味で緊張感を持ってやってるかの、見直しができたり
するんですね。



00w_oshiro_2




明日はホッパーのこと書こうかな?


人気ブログランキングへ
って、それはワカリマセンけど、クリックを頂けませんか?


--------------------------------------------------------------

|

« 今年の8耐、ウチのチームはけっこう注目なんです | トップページ | こ・・・ 腰が・・・ 「ボク自身がマシントラブル」 の巻 »

PLOTについて」カテゴリの記事

スポーツ」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事