« 12月リリースに向けて・・・ | トップページ | 新型RHの心臓! »

2009年9月12日 (土)

かれこれスゴイ距離を走ってますよ、新型RHのテスト

Tes_i_2


↑クリックで拡大しません。(見ていただかなくてヨイです)

↓クリックで拡大します。

Tes_i_1














新型RHは従来のキャブレターを廃止して、電子制御フューエルインジェク
ションで燃料供給します。が、これがなかなかクセモノでして、HDなどすでに
数年前にインジェクション化されている物の関連パーツを丸ごと移植すれば
ハイOK! なんて簡単なものではありません。

写真は開発担当の土方。彼を含め今のRH開発チームにはインジェクションの
マイスターと呼べるスタッフがいませんので、広島の「FCデザイン」さんと
共同開発しているのですが、テスト~評価は当然こちらのメンバーで行うのです。


現状は、先ず良いところとして

■走り出すと調子イイ。トルク感、吹け上がりのチカラも十分。
■若干だが燃費も従来型より良好。


という感じですが、インジェクション化するにあたり一番の難関は

■低開度でのスロットル操作に対してどれだけエンジンが素直に
 反応するか。

という事ですね。

実際ワタシも試乗していますが、市街地の使い勝手が悪いバイクは
「パワー」とか「乗り味」なんてウンヌンする以前の問題で、とにかく
ストレスを感じるんですよ (-゛-メ)

これ、インジェクション時代が来る前でも、自分でキャブの換装とか
セッティングをしたことがある人なら経験してたりするんじゃないかな?

実際の走行では、0~30km/hぐらいの領域ですね。

ゼロ発進、そしてシフトダウン時にスロットルを煽ってエンジン回転を
ピタッと合わせるのが難しかったのですが、これまで開発者が試行錯誤
しながら煮詰めてきたインジェクションの設定で、最近はどんどん「普通に
乗れる」ようになってきたのです。

新型を楽しみにしてくれているお客さま、歩みはゆっくりですが
開発は着実に進んでいますので、ご安心を (* ̄ー ̄)v


では、長くなっちゃいそうなので続きはまた・・・





00w_oshiro_4 

|

« 12月リリースに向けて・・・ | トップページ | 新型RHの心臓! »

新型RH開発」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事